本文へ移動

コンクリート調査等

近年、コンクリートは建設材料として最も広範囲に用いられ、重要な社会資本であるコンクリート構造物として建設されています。しかし最近になってこれら構造物の早期劣化現象が従来言われてきたコンクリートの寿命(50年)と比較して、短い10数年で現れるようになりました。それらは塩害、中性化、アルカリ骨材反応、酸性雨等によるものです。これらの要因による劣化、または劣化が進行しつつある構造物の劣化程度を明らかにし、さらに将来の劣化傾向を予測することがコンクリート耐久性向上に不可欠です。
また(1)築造後における積載荷重の変更などによる強度の見直し。(2)設計段階では予測できない都市直下型地震等の外力による構造物破損に対する耐震補強等。これらがますます重要になってきました。

連続繊維シート補強工法

ひびわれ注入工法[自動式低圧注入工法]

断面修復工法[モルタル注入工法・吹付け工法・パッチング工法]

剥落防止工事

表面披覆工法

FRP格子筋補強工法(トウグリット工法)

連続繊維シート補強工法

アールテック株式会社
〒670-0848
兵庫県姫路市城東町竹之門21番地1
TEL.079-284-3034
FAX.079-284-3035


1.橋梁工事
2.耐震補強工事
3.コンクリート調査・診断・
 補修工事
4.防食FRP工事
5.建築塗装防水・塗床工事
6.プラント設備工事
7.仮設足場工事
兵庫県知事許可
(特-28)第460252
土木工事業/建築工事業/とび・土工工事業/鋼構造物工事業/塗装工事業/機械器具設置工事業
0
0
3
3
4
7
TOPへ戻る